トップページ/ニュース 吉野彰教授が授賞式後の初授業 大学院生にノーベル賞メダルを披露

メダルチョコにサインし院生にプレゼント

メダルチョコにサインし、一人一人に手渡す吉野教授 メダルチョコにサインし、一人一人に手渡す吉野教授
メダルチョコの裏に書かれたサインと授賞式のあった2019年12月10日の日付 メダルチョコの裏に書かれたサインと授賞式のあった2019年12月10日の日付

ノーベル化学賞受賞者の吉野彰大学院理工学研究科教授は12月16日、天白キャンパス共通講義棟東で、授賞式後の初授業を行いました。吉野教授は、受講する修士課程1年生にノーベル賞のメダルを見せ、メダルを模した土産のチョコレートの裏面に1枚ずつボールペンでサインをし、一人一人に手渡しました。

吉野教授は午前9時ごろキャンパスに到着。タワー75の前で車を降りると、並んだ職員から拍手で迎えられました。タワー75の2階の学生ホールに設けられた祝賀ブースを眺め、渉外部員の説明を聞いてから教室に。教室では、大学院生の拍手を受け、出口貴大さんから花束を贈られました。

吉野教授は冒頭で「メダルと賞状をもらうときにファンファーレが鳴り、感動しました」と受賞を報告し、「結構重いですよ」と言ってメダルを見せると、どよめきが起きました。

メダルチョコレートの土産はノーベル賞受賞者の定番で、吉野教授は「これまでの日本記録は1500枚でしたが、私は2000枚買って日本新記録を達成しました」と言って院生らを笑わせました。

授業の後は、メダルチョコを手にした院生一人ずつとツーショット写真に納まり、感激されていました。

受講生ならではの特典と感激

  • 祝賀ブースに置かれた学生の寄せ書きを見る吉野教授 祝賀ブースに置かれた学生の寄せ書きを見る吉野教授
  • 花束を手にする吉野教授 花束を手にする吉野教授
  • ノーベル賞のメダルを見せる吉野教授 ノーベル賞のメダルを見せる吉野教授
  • メダルチョコをもらい笑顔の大学院生たち メダルチョコをもらい笑顔の大学院生たち
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ