トップページ/ニュース ペルー代表で東京オリンピックを目指す選手が柔道部の練習に参加

高校時代のライバルが鬼頭柔道部コーチ

ペルー代表で東京オリンピック柔道競技への出場を目指す山本ダリルさん(23)=愛知県常滑市在住=が本学柔道部の練習に参加し、部員たちと乱取りするなどして鍛えている。山本さんは大内刈りが得意の二段。オリンピックに手が届くランキングにいるという。部員たちは強豪選手と練習するチャンスに刺激を受けています。

山本さんは日系4世のペルー人。小学校3年から高校3年まで日本で過ごし、柔道は小学校5年から始めました。名古屋工業高校時代のライバルだった、名城大学附属高校出身の鬼頭弘宜(ひろき)さん(23)が本学柔道部コーチをしている縁で2019年11月から、同部の練習に参加しています。部員たちと一緒に汗を流し、「年が近いのでやりやすい」と話しています。

今後の国際大会で結果を残せば90キロ級でペルー代表に選ばれる可能性があるといいまる。鬼頭コーチは「部員たちにとっては、普通の大学生では味わえないレアな経験ができている。オリンピック出場を決めてほしい」と期待しています。

  • 山本さん(右)と鬼頭コーチ 山本さん(右)と鬼頭コーチ
  • 部員相手に乱取りする山本さん(右) 部員相手に乱取りする山本さん(右)
  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • 名城大学バーチャルリサーチフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ