在学生・教職員/ニュース 【重要なお知らせ】新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う課外活動の 中止等対応について(第四報)

新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う課外活動の 中止等対応について(第四報 令和2年3月25日更新)

 新型コロナウイルス感染症に関する政府の専門家会議では、感染拡大に関し現状は何とか持ちこたえている状況であり、拡大防止の取り組み強化が必要だとする一方、感染が確認されていない地域では学校活動や屋外スポーツなどの再開も奨励しました。しかしながら、感染予防の努力を続けなければ感染爆発の恐れがあることも含め、本学では引き続き以下の対応を取ります。
 課外活動団体に所属する学生各位においては、4月19日(日)までの合宿・遠征、懇親会等のイベントを原則中止してください。ただし、所属連盟の依頼により合宿等に参加する場合は、事前に学務センターへ相談してください。
 また、多人数が接触するおそれが高い屋内(※3)を活動場所とする活動(スポーツ・発表会・演奏会等)においても、4月19日(日)までの間、原則練習であっても活動を中止してください。ただし、「換気の悪い密閉空間・多人数が集まる密集場所・間近で会話や発声をする密接場面」の3要素を排除できる場合に限り、4月1日(水)以降の屋内での活動を許可する場合がありますので、3要素を回避する感染予防対策および活動スケジュール等を記し、課外活動団体部長または監督名で学務センター長に申請してください。
 皆さんが各活動の準備を重ねてきたことを考えると、大変⼼苦しい限りです。しかしながら、学生の皆さんの安全を確保し、感染拡大を防止する社会的責任を果たすことを最優先に検討を進めた結果の判断となります。皆さんのご理解とご協⼒を何卒よろしくお願いします。
 なお、判断に迷う場合やキャンセル料金に関することは、各自で判断せず、必ず学務センター学生活動までご相談ください(キャンセル料金に関する相談については、必ず領収書を取得し、持参してください)。

【対応要請】
・合宿・遠征(※1)、懇親会等のイベントを一切中止する
・屋外における練習等については、感染防止(※2)に十分留意したうえで実施する
・屋外における練習試合等を実施する場合は、対戦相手・外部団体と実施についての合意を得たうえで実施する

【感染予防にかかる施設の閉鎖について】
各キャンパスにおいて、不特定多数が利用する屋内施設は、4月19日(日)まで閉鎖期間を延長することが決定しました。詳細については、「新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う学内施設の閉鎖について(第二報)」をご確認ください。

※1:
電車、バス等の同一空間内に乗車して移動する場合、遠征に該当するものとします。
※2:
必ず感染対策(参加者の手洗い、うがい、咳エチケット、手指等のアルコール消毒、室内の換気、その他効果があるとされる方策)を講じ、参加者の体調管理に十分注意を払った上で行うこと。また、発熱等の症状のある者は活動に参加させないこと。
※3:
厚生労働省ウェブサイト「新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために」をご確認ください。

日本国内における状況等をふまえ、今後の対応については随時掲載していきますので、最新の情報をご確認ください。

  • 研究ブランディング事業
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ