トップページ/受賞 理工学部の中村さんが土木学会中部支部研究発表会で優秀講演者賞

受賞者 中村 宏樹さん(理工学部社会基盤デザイン工学科4年、 中村一樹准教授研究室)※学年は受賞時
受賞名 令和元年度土木学会中部支部研究発表会 優秀講演者賞
受賞日 202036
受賞テーマ 選好に基づく歩行空間評価の国際分析

モータリゼーションが進むアジアでは車中心の道路整備が行われてきたため、移動時間・費用を削減する量的な整備が重視され、移動の安全性や快適性等を考慮した質的な整備は遅れています。このような道路の質を構成するデザイン要素とその選好は国際的に異なると考えられるため、歩行空間評価において考慮が必要です。 本研究では、アジアと欧州の6都市の住民を対象にした歩行空間の選好に関する調査結果を用いて、デザイン要素の重要度を算出しその国際的な違いを把握するとともに、重要度が歩行空間評価に与える影響の大きさを示しました。この研究結果は、アジア都市における道路情報に基づく歩きやすさの可視化に貢献することが期待されます。

  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ