在学生・教職員/ニュース 【重要なお知らせ】遠隔授業受講のための学修環境整備費用支援について

学生および保護者、学費ご負担者の皆様へ

学校法人名城大学理事長 立花 貞司
名城大学学長 小原 章裕

遠隔授業受講のための学修環境整備費用支援について(お知らせ)

平素より本学の運営並びに教育研究活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症が世界的規模で猛威を振るい、いまだ終息の気配が感じられない日々が続いています。体調を崩されている方、経済的な課題を抱えておられる方、毎日、不安を感じながら過ごしておられる皆様に、心からお見舞い申し上げます。
 令和2年5月1日に本学ホームページにおいて、新型コロナウイルス感染症拡大に対する学生緊急支援の実施についてお知らせさせていただきました。そのうち、遠隔授業受講のための学修環境整備費用支援の手続きの進め方及びスケジュールについて、概要が纏まりましたのでお伝えいたします。
 皆様のお手元に一日でも早く支援金をお届けできるよう、郵便為替をお送りしてはなど、皆様にお手間を取らせることのないあらゆる方法を検討いたしましたが、いずれの方法も相当の時間を要することが確認されました。
 つきましては、最も迅速で正確な手続き方法として、銀行振込により支給させていただくこととなりました。
 本学からの手続書類発送までに今しばらくお時間をいただくことになりますが、下記要領によりお手続きいただきますようお願いいたします。
 なお、本件とは別の緊急修学援助(修学援助C)奨学生制度について、本学ホームページでご案内させていただいておりますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

1.支援事業の概要について 遠隔授業を受講するためのインターネット環境の整備やパソコン・周辺機器等の購入の経費負担を少しでも軽減し、学修環境全般を整えていただくための緊急支援制度です。
2.受給資格 令和2年5月1日現在で名城大学に在籍するすべての学生
(ただし、研究生、科目等履修生、研修生は除く)
3.期間 令和2年度のみ
4.支給金額 一人当たり一律 50,000円
5.支給方法 学費負担者もしくは学生本人名義の銀行口座への振込み
6.手続方法
提出書類 学修環境整備費用支援金銀行振込依頼書
提出期限 令和2年6月30日(火)(必着)
提出方法 同封の返信用封筒にて、下記提出先へご返送ください。
なお、書類の性質上、記録の残る郵便形態(特定記録郵便、書留郵便、簡易書留郵便)、又はレターパックでご送付願います。
送付先 名城大学経営本部財政部
〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地
※書類に不明な箇所があった際は、「学修環境整備費用支援金銀行振込依頼書」に記載の連絡先にお電話させていただく場合があります。
7.支援金振込までの
スケジュール
日にち(予定)内容
5月22日(金) 名城大学から学費ご負担者様のご住所宛に、学生および学費ご負担者様の連名で手続書類を送付。
随時 学生もしくは学費ご負担者の皆様から名城大学へ手続き書類を送付。(提出期限:6月30日(火))
6月9日(火) 第1回支援金振込
6月18日(木) 第2回支援金振込
6月29日(月) 第3回支援金振込
7月9日(木) 第4回支援金振込
7月17日(金) 第5回支援金振込
7月29日(水) 第6回支援金振込
8.支援金のお振込み  学修環境整備費用支援金銀行振込依頼書の到着後、書類の確認を行ったのち、ご指定の口座にお振込みさせていただきます。
 なお、振込手続きが完了したことについて、個別の連絡はいたしませんので、振込口座への入金状況をご確認ください。その際、お取引内容欄には、ガク)メイジョウダイガクと記載されます。その他ご提出いただいた書類に記載の個人情報は、学修環境整備費用支援金支給業務のみに使用し、その他の目的には使用しません。
9.その他 ご提出いただいた書類に記載の個人情報は、学修環境整備費用支援金支給業務のみに使用し、その他の目的には使用しません。

【本件に関するお問い合わせ先】
名城大学経営本部財政部
担当:白井、森川、難波
TEL:052-838-2015
E-mail:oogakuhi@ccmails.meijo-u.ac.jp

  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ