トップページ/ニュース 朝ドラ「エール」のモデル古関裕而さんが作った名城大学応援歌を披露

現在再放送中のNHK連続テレビ小説「エール」主人公のモデル、古関裕而さんが本学の応援歌の作曲者だったことをご存じですか?!

古関さんは1964年の東京オリンピック選手入場行進曲「オリンピック・マーチ」や甲子園で夏に開催される全国高等学校野球選手権の大会歌「栄冠は君に輝く」など、作曲作品総数5000曲にもおよび、スポーツ・ラジオドラマ・歌謡曲・演劇・校歌・社歌等、数々の名曲を手がけました。

その古関さんが本学の第二応援歌「真澄の空に」、名城大学カレヂソング「暁の東海」、名城大学記念祭歌「緑風薫る」の3曲を作曲されており、8月22日(土)には春日井市で開催される「古関裕而コンサート」内で、第二応援歌「真澄の空に」が演奏されることが決まりました。

また以下の本学ウェブサイトの中でも学歌、応援歌を聞くことができます。ぜひ、この機会にご視聴ください。

【リンク】

・本学の学歌・応援歌ウェブサイト

https://www.meijo-u.ac.jp/about/outline/song.html

・春日井市の古関裕而コンサート(歌手の清水正美さんが津田伸子さんに変更)

https://www.kasugai-bunka.jp/archives/26195#

・古関裕而記念館ウェブサイト

https://www.kosekiyuji-kinenkan.jp/

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ