トップページ/受賞 薬学部の衣斐准教授が日本神経精神薬理学会で学術奨励賞

受賞者 衣斐大祐 准教授( 薬学部 薬学科 )
受賞名 2020年度 日本神経精神薬理学会 学術奨励賞
受賞日 2020年8月21日
受賞テーマ 精神疾患治療におけるセロトニン5-HT2A受容体の意義

本会の学術奨励賞は将来性のある優れた45歳未満の神経精神薬理学研究者を対象に授与されます。衣斐准教授は統合失調症の薬物治療や幻覚に関わるセロトニン5-HT2A受容体(5-HT2A)に着目し、5-HT2Aの遮断が認知機能障害を示すこと、5-HT2Aの刺激が抗うつ・抗不安作用を示すことを明らかとしました。加えて、それら作用に関わる脳領域と分子基盤の解明にも成功しました。この研究は5-HT2Aに関わる新たな薬理作用を提唱するものであり、神経精神疾患における薬物治療・新薬開発に与えるインパクトは非常に大きいと思われます。この研究が評価され、2020年度 日本神経精神薬理学会学術奨励賞の授与となりました。

  • 名城大学祭
  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ