在学生・教職員/ニュース 令和2年度(2020年度)9月卒業式を挙行

令和2年度9月卒業式が9月25日、天白キャンパスの名城ホールで挙行され、大学院博士課程2人、大学院修士課程4人、学部学士課程70人の合計76人が新たな門出を迎えました。

小原章裕学長が各学部・研究科代表に学位記を授与し、「皆さんが船出するWithコロナ、Afterコロナなどと表現される社会は、変革が加速され、先が見通しづらい時代になるかもしれません。社会構造の大きな変化の中で、多くの試練に直面するかもしれませんが、苦しい時こそ、本学での経験を思い出し、奮起していただきたい。もう一度学びたいと思ったら、いつでも大学に足を運んでください」と告辞を述べました。

祝辞では校友会の山田弥一会長が「名城大学の卒業生として誇りと自信を持ち、それぞれの分野でナンバーワンを目指してください」とエールを送りました。

総合学術研究科博士後期課程を修了した小木曽加奈子さんは「入学してからあっという間の3年間でした。指導教授の丁寧な指導で、研究力もついたと思います。本日、修了したことで学生証を返却するのが寂しいですが、今後も名城大学の研究生として研究を続け、さらにレベルアップを図りたい」と修了の感想とともに、今後の意気込みも語りました。

  • 告辞を述べる小原学長 告辞を述べる小原学長
  • 祝辞を述べる山田校友会長 祝辞を述べる山田校友会長
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ