トップページ/ニュース キャリアセンターの就職支援にメディアが注目

インタビューに答える伊藤さん インタビューに答える伊藤さん

10月1日にキャリアセンターの就職対策についてCBCテレビから取材がありました。新型コロナウイルスの影響で従来の指導ができない中、ウェブを使っての面談実施や全国初のオンライン選考会など本学のキャリア学生支援にクローズアップがされ、今回の取材となりました。 

エアライン業界を志望し、エアライン就職サポートのM-CAP(エムキャップ)を受講し、努力を続けてきた伊藤夏海さん(人間学部4年)へのインタビューでは「新型コロナウイルスの影響で航空会社のキャビンアテンダント採用中止の連絡をうけてショックでしたが、今できることを精一杯やりました」と前向きな姿勢で就活に挑んだ心境を話し、その結果、もう一つの志望先であったテレビ業界への内定を勝ち取りました。

 

就職状況を説明する渥美課長 就職状況を説明する渥美課長

キャリアセンターの渥美圭子課長は大学の就職状況について「2021年3月卒業予定学生の就職活動は新型コロナウイルスの影響を大きく受け、緊急事態宣言発令により、4~5月は選考が中断され就職活動が長期化しました。7、8月の就職内定率は前年を大きく下回りましたが、学生の活動状況や悩みを把握し、支援をこれまで以上に丁寧に行ってきたことで9月末日時点前年比プラス3ポイントの結果を収めることができました」と話し、コロナ禍でも強い本学の就職力、ケアの手厚さを説明しました。

今後もキャリアセンターでは、活動中の学生に寄り添い、WEB面談の継続、公共支援機関とも連携を取りながら、求人紹介フェアを実施するなど、学生一人一人の納得した進路決定に向け、きめ細やかな支援を継続していきます。

インタビューの様子はCBCテレビ「チャント!」で10月2日、東海地区で大きく報道されました。

  • 名城大学祭
  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ