在学生・教職員/ニュース 【学生の皆さまへ】新型コロナウイルス感染症対策:近距離での会話を控えてください。

令和2年10月22日

学生各位

学務センター長

新型コロナウイルス感染症対策:近距離での会話を控えてください。

 身近に感染者がいないので、新型コロナウイルス感染症は他人事だと思っていないでしょうか?

 思い出してください。本感染症の発生当初は大問題にならないとの説もありましたが、予想は大きくはずれ、全世界の人々の生活様式を一変するほどの脅威になったことを。治療薬やワクチンが世界中に行き渡っていない現在、危機的状況は発生当初と何1つ変わっていないのです。

 新型コロナウイルスは人間の細胞を宿主(しゅくしゅ)として増殖しますので、結局のところ、人が集まれば感染は拡大します。逆に言えば、対人距離を確保すれば、近距離での会話を避ければ、感染の確率は下がります。

 新型コロナウイルス感染症そのものは誰のせいでもありませんが、個々人の賢明な行動により感染の拡大を防止することは可能です。名城大生の持つ「柔軟な規律正しさ」を十分に発揮してください。名城大生の皆様には、引き続き、感染症拡大の原因とされている近距離での会話等を控えていただきますよう、よろしくお願いいたします。
 人類の命を守る取り組みですので、学生の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 情報が更新される場合がありますので、大学ホームページ等でご確認ください。

「学生の皆様に守っていただきたいこと」

  • 近距離での会話を控えること
  • 発熱等の風邪症状がある場合等は自宅で休養
    (状況に応じて名城大学、帰国者・接触者相談センター、医療機関等に電話やメールで相談)
  • 栄養、睡眠、健全で規則正しい生活
  • 手洗いと咳エチケットの徹底
    (手指を介した目、鼻、口等の粘膜へのウイルスの付着に注意)
  • 密閉空間や密集を避けること

名城大学

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ