トップページ/クラブ 女子駅伝部、4年連続日本一

跳ねるようにゴールへ飛び込む髙松選手 跳ねるようにゴールへ飛び込む髙松選手
  • 昨年の記録を大きく更新した選手たち 昨年の記録を大きく更新した選手たち

 女子駅伝部は10月25日(日)、仙台市で開かれた第38回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)で4年連続5回目の優勝を果たしました。この大会の4連覇は史上3校目です。タイムは2時間2分57秒で、昨年出した大会記録を1分37秒も短縮する新記録を樹立。全6区間のうち3人が区間賞、3人が区間2位という内容で、総合2位のチームを2分51秒も引き離す圧倒的な力を示しました。

激闘の選手たち

  • 立命館飛田選手と競り合う1区和田選手 立命館飛田選手と競り合う1区和田選手

 今大会にはオープン参加1校を含む全25校が出場し、弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)をスタート、仙台市役所前市民広場をゴールとする6区間38.1kmのコースを選手たちが駆け抜けました。

 女子駅伝部の1区を担った和田有菜選手(理工学部3年)が区間2位で発進すると、2区の山本有真選手(人間学部2年)は前を走る立命館大学を追い抜き、トップでたすきを渡しました。3区の小林成美選手(外国語学部2年)は区間賞そして区間新記録の走りで後続に1分以上の大差をつけ、4区・増渕祐香選手(法学部1年)も区間賞を獲得、2位以下との差をさらに引き離しました。4年連続で最長5区を任された主将の加世田梨花選手(法学部4年)は区間新記録で走りきり、6区・髙松智美ムセンビ選手(外国語学部3年)がこれまでの勢いそのままにゴールへ飛び込みました。

区間(距離)選手名通算順位 記録区間順位 記録
1区(6.6km)

和田 有菜

2位 21分24秒 2位 21分24秒
2区(3.9km) 山本 有真 1位 33分55秒 2位 12分31秒
3区(6.9km) 小林 成美 1位 55分32秒 1位 21分37秒
4区(4.8km) 増渕 祐香 1位 1時間11分12秒 1位 15分40秒
5区(9.2km) 加世田 梨花 1位 1時間40分26秒 1位 29分14秒
6区(6.7km) 髙松 智美ムセンビ 1位 2時間2分57秒 2位 22分31秒

★=大会新記録(前年度樹立した大会記録を1分37秒短縮)
☆=区間新記録

  • 首位を奪い取った2区山本選手 首位を奪い取った2区山本選手
  • 最高の走りで4区増渕選手(左)につないだ3区小林選手(右) 最高の走りで4区増渕選手(左)につないだ3区小林選手(右)
  • 最後の杜の都駅伝で力を出し切った5区主将加世田選手 最後の杜の都駅伝で力を出し切った5区主将加世田選手
  • 全員の想いをゴールへ向かう6区髙松選手 全員の想いをゴールへ向かう6区髙松選手

 今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止の大会実施だったため沿道での応援は自粛となっておりましたが、テレビの前でエールを送ってくださった皆様、ありがとうございました。12月30日には富士山女子駅伝が開催される予定です。変わらぬご声援をよろしくお願い致します。

選手コメント

名前コメント
1区 和田有菜(理工学部3年) 区間賞がとれず悔しかったのですが、みんなおかげでつかみとれた優勝です。自分のレベルを上げ、さらに成長した走りできるよう頑張っていきたいです。
2区 山本有真(人間学部2年) あと1秒で区間賞を逃して悔しかったのですが、この気持ちが富士山女子駅伝に向けていいバネになると思います。この経験をいかして今後につなげたいです。
3区 小林成美(外国語学部2年) 1年生の増渕選手に少しでも楽に走ってもらうためにタイムを稼ぐんだと思って走り、後ろとの差をつけられました。成長した姿を見せられてよかったです。
4区 増渕祐香(法学部1年) いい流れに乗り、1位で渡すことだけ考えて走れました。区間賞がとれるとは思わず、びっくりしています。先輩に負けないくらいの力をつけて、名城大を引っ張っていけるような存在になりたい。
5区 加世田梨花(法学部4年) 今年は集大成の走りを絶対に見せたいと思っていました。区間新記録、チームの大会新記録が達成できたことは本当にうれしいです。自分の満足いく記録が出せました。
6区 髙松智美ムセンビ(外国語学部3年) みんなの想いの詰まったたすきの重みを感じ、気が引き締まりました。苦しい場面もありましたが、ゴールでみんなが待っていると思うたび力が湧いて走れました。
監督 米田勝朗 調子は万全でしたが、何が起きるかわからないという緊張感でレースを見ていました。全区間区間賞の目標は果たせず100点満点ではありませんが、思い描いていたレース展開ができ、力強い走りのいい駅伝でした。
  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ