トップページ/ニュース 【M-CAP】JALホスピタリティプログラム開講中

初めての対面授業にどきどき

オンラインでの意見交換の振り返り オンラインでの意見交換の振り返り
お辞儀の実践練習 お辞儀の実践練習

11月5日に「JALホスピタリティプログラム」の中間レビューが行われました。

これまでオンラインで顔を合わせ、意見交換をしてきましたが、中間レビューでは先生や仲間と初対面。緊張感のあるスタートでしたが、中盤の実践練習からは真剣な中にも楽しく取り組む姿が見られました。お辞儀や物の受け渡しを中心に、どうしたら美しく丁寧な所作になるかを実践して確認しました。

自分の意見を持ち考える授業展開

グループワークも盛り込まれ、受講するだけの講座ではなく自分たちで「ホスピタリティ」を考えていく内容もあり、学年や学部を超えての意見交換に多くの刺激を受けていました。

今回の授業では「先生方のオーラが違う!」「憧れの存在になりました」「やっと会えて嬉しい」などの声もありました。12月に最終回を迎えるこの講座ですが、日常生活ですぐに役立つ内容のため、早速実践しているという学生さんの報告もありました。

M-CAP活動報告掲載ページはこちら

  • グループワークの様子 グループワークの様子
  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ