トップページ/受賞 薬学部の勝さんが日本薬剤師会学術大会でポスターセッション優秀賞

受賞者 勝 梨沙子さん(薬学部薬学科6年、医薬品情報学研究室)
受賞名 第53回日本薬剤師会学術大会 ポスターセッション 優秀賞
受賞日 20201010
受賞テーマ NDB特別抽出データを用いたがん患者の死亡場所と死亡前30日の療養場所の推移

本賞は、日本全国の薬剤師などのポスター発表から、学術性、新規性、将来性、医療等への貢献、示説・討論時の態度・応対等を含む総合的な観点から審査が行われ、授与されたものです。
 研究のテーマは、「NDB特別抽出データを用いたがん患者の死亡場所と死亡前30日の療養場所の推移」です。NDBとは、厚生労働省から提供を受けたレセプト情報・特定健診等情報データベースのことで、ここから特別抽出を行ったデータを利用して研究を行い、がん患者の死亡前30日の療養場所の実態を明らかにしました。死亡場所で最も多い一般病棟死亡者は死亡前1か月間の2/3以上を病院で過ごし、自宅死亡者のほとんどは入院経験がなく入院がある場合も短期間のみであることがあきらかになりました。

  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ