トップページ/受賞 理工学研究科の盛さんが土木学会全国大会で優秀講演者

受賞者 盛 哲さん(理工学研究科社会基盤デザイン工学専攻修士課程2年、小猛司教授研究室)
受賞名 土木学会全国大会 第75回年次学術講演会 優秀講演者
受賞日 2020111
受賞テーマ 低混合率ベントナイト混合砂の構造が力学特性に及ぼす影響

近年頻発する豪雨によって河川堤防の被害が多発しています。盛さんは修士論文の研究において、膨潤性鉱物を主体とするベントナイトを堤防土に混合して透水性を低下させることによって,河川堤防の安全性を高めるための研究開発をしてきました。本発表では、低混合率のベントナイト混合砂において、せん断破壊時の力学特性に、砂粒子が形成する構造がどのような影響を及ぼしているのかを三軸試験装置を用いて解明しました。コロナ禍の中、オンラインでの発表会でしたが、わかりやすい発表PPTに加えて、聴講者の関心の高さを反映した活発な質疑応答も高い評価につながりました。

  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ