トップページ/クラブ 女子駅伝部 日本陸上競技選手権大会・長距離種目で好記録!!

第104回日本陸上競技選手権大会・長距離種目大会が12月4日に大阪で開催され、女子駅伝部の加世田梨花選手(法4)と、和田有菜選手(理工3)が出場しました。
この大会は、長距離種目の最高峰のレースで、高い標準記録を突破した選手のみ出場できる大会です。

10000m

加世田選手は名城のユニフォームで走る最後のトラックレースでしたが、中盤も粘りの走りを見せて、自己記録を25秒ほど更新し、31分39秒86で9位という結果でした。この記録は、東海学生新記録、日本学生歴代3位の好記録です。日本記録の生まれたハイレベルなレースでしたが、立派な成績でした。

5000m

和田選手は15分25秒14の自己新記録、東海学生新記録、日本学生歴代6位のタイムで見事7位入賞を果たしました。10月の杜の都駅伝では1区区間賞を逃し、悔しい思いをしましたが、その悔しさをぶつける良いレースでした。

女子駅伝部は年末の富士山女子駅伝での3連覇達成に向けて最終練習に励んでいます。
応援よろしくお願いします。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ