トップページ/ニュース 新春交礼会を実施 立花理事長と小原学長が年頭あいさつ

女子駅伝部で全国制覇の米田勝朗監督に表彰状

2021年の新春交礼会が1月5日、天白キャンパスの共通講義棟北、名城ホールで行われました。新型コロナウイルス感染症の防止のため、教職員は離れて着席し、立花貞司理事長と小原章裕学長の年頭あいさつを聞きました。

立花理事長は、2021年が2026年の開学100周年まであと5年というカウントダウンの年となることを念頭に、財務面の強化、東京での渉外活動の強化、あいさつ運動の3点を重点的に取り組むと述べました。

小原学長は、開学100周年には本学が「名古屋に名城大学あり」と言われる名実ともに中部地区最大の活力ある大学となるよう教職一体となって努力していきましょう、と呼びかけました。

この後、女子駅伝部を率い2020年の全日本大学女子駅伝対校選手権大会4連覇、全日本大学女子選抜駅伝競走3連覇に導いた米田勝朗監督(法学部応用実務法学科教授)に対し、立花理事長から表彰状が贈られました。

恒例の学歌斉唱は、声を出さずに行われました。

開学100周年まであと5年

  • 年頭あいさつを述べる小原章裕学長 年頭あいさつを述べる小原章裕学長
  • 年頭あいさつをする立花貞司理事長 年頭あいさつをする立花貞司理事長
  • 表彰を受けた米田勝朗監督 表彰を受けた米田勝朗監督
  • 声を出さずに行った学歌斉唱 声を出さずに行った学歌斉唱
  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ