トップページ/ニュース 本学学生チームがJPHACK2020で2つの企業賞を受賞

日本最大規模の学生対象ハックイベントで決勝進出し、企業賞を受賞

 本学理工学部情報工学科4尾凌我さん、千名敬温さん、電気電子工学科3年岡竜也さんらが参加した「チームPied Piper」が、日本最大規模の学生対象ハックイベントJPHACK2020で決勝進出し、NTTレゾナント株式会社と株式会社スタジオ・アルカナの2つの企業賞を受賞しました。

就職活動に役立つアプリケーションを開発

 今回のハッカソンのテーマは「テクノロジー×なにか」。チームのメンバーが、すでに就職活動を終えた4年生と、これから就職活動を始める3年生で構成されたことから、就職活動に役立つアプリケーションソフトの開発を目指しました。チームで議論を繰り返し、開発したのが大学生のためのビジネスメール作成支援ソフト「Frank Furt」。口語体などで書かれたフランク(率直)な文章を、ビジネスに即した文章に変換し、送信することができることから名づけられました。

  • 「Frank Furt」の説明その① 「Frank Furt」の説明その①
  • 「Frank Furt」の説明その② 口語体の文章がビジネスに即した文章に変換される 「Frank Furt」の説明その② 口語体の文章がビジネスに即した文章に変換される

挑戦と交流を通じて成長を実感

 本学学生の尾さん、千名さん、岡さんはこれまでも多くのハッカソンに参加してきました。尾さんは「今回のハックイベントだけではなく、情報工学科の課外活動、チャレンジ支援プログラム、学外での活動などを通して、国内外問わず多くの方々と交流することで、入学時と現在では物事の考え方が大きく変わった。後輩にも、在学中に多くのことに挑戦してほしい」と主体的に学び、活動する意義を強調しました。

上段中央が<strong>髙</strong>尾凌我さん(理工学部情報工学科4年)、上段右が千名敬温さん(同)、下段中央が岡<strong>﨑</strong>竜也さん(理工学部電気電子工学科3年) 上段中央が尾凌我さん(理工学部情報工学科4年)、上段右が千名敬温さん(同)、下段中央が岡竜也さん(理工学部電気電子工学科3年)
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ