トップページ/受賞 法学部代田清嗣准教授が第18回天野和夫賞を受賞

受賞者 代田 清嗣 准教授(法学部法学科)
受賞名 第18回天野和夫賞
受賞日 2020127
受賞テーマ

『徳川日本の刑法と秩序』

 2020年2月に上梓した拙著は、徳川幕府の刑法、特に刑事責任のあり方について考察したものです。当時の裁判例を調査・分析することで、従来の研究では見逃されていた法理を解明し、それらの基盤となる、当時の人々の刑事責任についての考え方に関して、新たな理解の枠組みを提示しました。
 今回はその成果が、史料の収集と分析に基づいた実証的なものであり、徳川幕府刑法研究の進展に寄与することが期待されるものと評価され、「法の基礎理論研究において優れた研究をもって学界に貢献した者」に与えられる、天野和夫賞を受賞しました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ