トップページ/ニュース 経済困窮学生を支援するフードバンクを実施

  • 用意された様々な食品 用意された様々な食品
  • 順番を待つ長蛇の列 順番を待つ長蛇の列

3月3日、名城大学天白キャンパスの共通講義棟北館で、名城大学の学生を対象に食料品を無料提供する「名城生フードバンク」が開催されました。

新型コロナウィルス感染症の流行により、学生の経済状況の悪化が報道されており、本学でも経済学部を中心にゼミ生へ調査を行ったところ、深刻な実態が浮き彫りになりました。

そんな困窮学生を救うため、大学内で事前に募ったカンパを原資に購入した、保存の効くコメ・缶詰・レトルトパウチ食品・袋ラーメン・カップ麺などが配られました。

参加した理工学部の男子学生は「下宿生で経済的に余裕がなかったので大変助かります」と感謝の言葉を述べました。

経済学部の女子学生は「コロナ禍で就職活動の困難が予想され、アルバイトにかける時間がさらに減りそうなので、食費の足しにします」と笑顔で食品を持ち帰りました。

運営には教職員に加え、多くの学生もボランティアで参加しました。

誘導や食料の補充を担当した股張優樹さん(バレーボール部・経済学部経済学科3年)は「大学にはクラブ活動でお世話になっており、その恩返しも込めて手伝いました。困っている名城生の助けになれば」と充実した様子で実施を振り返りました。

フードバンクには400人もの参加があり、今後も学生のニーズに応える第2回の実施を検討していきます。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ