トップページ/ニュース 2020年度教育功労賞を2人と1グループに贈る
小原学長「学びのコミュニティを広げ、学生の成長に大きく寄与」と称賛

2020年度教育功労賞を2人と1グループに贈る

  • 表彰を受けた(左から)谷田真准教授、宮嶋秀光教授、アーナンダ・クマーラ教授 表彰を受けた(左から)谷田真准教授、宮嶋秀光教授、アーナンダ・クマーラ教授

 教育活動および教育改善の取り組みにおいて優れた教育成果を上げ本学の教育の質の向上に大きく貢献したとして、2020年度教育功労賞が2人と1グループに決まり、3月5日、天白キャンパスの名城ホールで立花貞司理事長から表彰状が贈られました。
 受賞者は、谷田真理工学部建築学科准教授、人間学部基軸科目「現代に生きる」の構想と立ち上げチーム(代表者:宮嶋秀光教授、他に安藤喜代美教授、加茂省三教授、西村善矢教授)、アーナンダ・クマーラ外国語学部教授。谷田准教授、宮嶋教授、クマーラ教授の順に表彰を受けました。
 小原章裕学長は祝辞で「受賞された教育内容は、大変きめ細やかな取り組みで、満足度も高く、学びのコミュニティを広げ、学生の成長に大きく寄与する」と称賛しました。
 教育功労賞は2013年度から始まり、8回目になります。

                                                                             <教育功労賞受賞者>
受賞者名所属学部人数活動・テーマ
谷田 真 理工学部 1人 多文化共生社会を意識した学生たちによる地域コミュニティ環境づくり
基軸科目「現代に生きる」の構想と立ち上げチーム
(代表者:宮嶋秀光 教授)
人間学部 4人 基軸科目「現代に生きる」の構想と立ち上げ
アーナンダ・クマーラ 外国語学部 1人 オムニバス科目「日本とグローバル人材」のオーガナイズ
  • 立花貞司理事長(左)から表彰を受ける谷田真准教授 立花貞司理事長(左)から表彰を受ける谷田真准教授
  • 人間学部の4教授を代表して表彰を受ける宮嶋秀光教授 人間学部の4教授を代表して表彰を受ける宮嶋秀光教授
  • 表彰を受けるアーナンダ・クマーラ教授 表彰を受けるアーナンダ・クマーラ教授
  • 祝辞を述べる小原章裕学長 祝辞を述べる小原章裕学長
  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ