トップページ/クラブ 女子駅伝部小林選手が日本学生ハーフマラソンで優勝

小林選手・荒井選手はワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)の日本代表に内定

強風の中優勝した小林選手(中)と荒井選手(右) 強風の中優勝した小林選手(中)と荒井選手(右)

 日本学生女子ハーフマラソン選手権大会が3月14日(日)、陸上自衛隊立川駐屯地(東京都)周回コースで無観客開催され、強烈な向かい風と追い風に煽られる厳しい天候の中、女子駅伝部の小林成美選手(外国語学部2年)が1時間14分36秒で優勝しました。

 小林選手は前半を落ち着いた走りで体力を温存し、集団がバラけたところで一気に追い上げ、最後までもつれた優勝争いを僅差で勝ち切りました。
 昨年予定していた留学や大会がコロナ禍の影響により中止になった小林は、「悔しい思いをばねにして地道に積み重ねてこられた、ユニバシアードに出たいという気持ちが勝てた要因だと思います」とコメントを残した。

 なお、本大会3位までに入った小林選手・荒井選手は、今年8月に中国・成都で開催される予定のワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)日本代表に内定しました。

第24回日本学生女子ハーフマラソン選手権大会
兼 第31回ワールドユニバーシティゲームズ競技大会(2021/成都)日本代表選手選考競技会

1位 小林成美(外国語2年) 1時間14分36秒
2位 鈴木優花(大東文化大学) 1時間14分36秒
3位 荒井優奈(法2年) 1時間14分45秒

増渕祐香(法1年)9位 鴨志田海来(理工3年)30位

大会情報(JOC日本オリンピック委員)

FISUワールドユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ