トップページ/受賞 理工学研究科の錦木さんが日本建築仕上学会で奨励賞修士論文賞

受賞者 錦木 健二さん(理工学研究科環境創造学専攻修士課程2年、道正泰弘教授研究室)
受賞名 2021年日本建築仕上学会 奨励賞修士論文賞
受賞日 202139
受賞テーマ

フライアッシュのコンクリート用混和材への利用拡大に関する研究

東日本大震災以降、石炭火力発電への依存率は増加し、石炭灰の発生量は増加傾向にあります。石炭灰の有効利用は、セメント原料がほとんどでコンクリート用混和材への利用は1%程度にとどまっています。石炭灰の85~95%を占めるフライアッシュ(FA)は、混和材への使用量の増加により、セメント製造で生じるCO2削減につながることが期待できます。 本研究は、FAの混和材への利用拡大を目的に、FAの使用がコンクリートの諸性能に及ぼす影響、強度寄与率および鉄筋腐食に及ぼす影響について検討を行い、FAを使用したコンクリートの最適な設計法を提案しました。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ