﨑 勇 名城大学終身教授・特別栄誉教授、名古屋大学特別教授のご逝去について">

トップページ/ニュース 勇 名城大学終身教授・特別栄誉教授、名古屋大学特別教授のご逝去について

 赤 勇(あかさき・いさむ)名城大学終身教授・特別栄誉教授、名古屋大学特別教授が4 月1 日午前、肺炎のため名古屋市の病院でご逝去されました。92歳でした。

 1929 年1 月30 日、鹿児島県生まれ。1952年、京都大学理学部卒。名古屋大学教授などを経て1992 年、名城大学理工学部教授に就任。「20 世紀中には無理」と言われた青色LED(発光ダイオード)を幾多の困難を克服して1989 年に発明。この功績で2014 年、ノーベル物理学賞を天野浩名古屋大学教授らとともに受賞。2004 年、名古屋大学特別教授。2010 年、名城大学終身教授。2015 年、名城大学特別栄誉教授。日本学士院会員。専門は半導体工学。

先生のご逝去の報に接し、小原章裕名城大学学長からの追悼の言葉は以下の通りです。

 2014年ノーベル物理学賞受賞者であり、本学の終身教授で特別栄誉教授である赤 勇先生の突然の訃報に接し、深い哀悼の意を表します。
 赤先生は、20 世紀後半、多くの研究者が挑戦し、成し遂げられなった高効率青色LEDを1989 年に世界で初めて発明され、世界を照らす新しい光を実現されました。1992年4月の本学理工学部教授着任後も、多くの研究者や学生とともに研究に取り組まれ、常に世界を先導し続けました。
 また、赤先生のご研究内容は、ともにノーベル賞を受賞した名古屋大学教授で本学の特別栄誉教授である天野 浩先生、本学の赤研究室グループも参画するGaN(窒化ガリウム)研究コンソーシアムの体制の下、更なる省エネルギー社会の実現に向けて、発展を続けています。 長年にわたり本学の教育研究活動や学術への多大なご貢献に感謝申し上げるとともに、先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

令和3年4月2日
名城大学学長 小原章裕

  • 2014年、ノーベル賞のメダルを披露する赤﨑勇終身教授・特別栄誉教授 2014年、ノーベル賞のメダルを披露する赤﨑勇終身教授・特別栄誉教授
  • 2014年、名城大学の門下生の教員とストックホルムで記念写真(左から上山智教授、竹内哲也准教授(当時)、岩谷素顕准教授(当時)) 2014年、名城大学の門下生の教員とストックホルムで記念写真(左から上山智教授、竹内哲也准教授(当時)、岩谷素顕准教授(当時))
  • 2014年、ノーベル博物館でサインをした椅子を報道陣に掲げる 2014年、ノーベル博物館でサインをした椅子を報道陣に掲げる
  • 2019年4月に天白キャンパスを訪れた大野英男東北大学総長と歓談する 2019年4月に天白キャンパスを訪れた大野英男東北大学総長と歓談する
  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ