トップページ/受賞 理工学研究科の成田悠樹さんの研究成果がICCE2021でExcellent Paper Awardを受賞

  • 写真は小中英嗣准教授 写真は小中英嗣准教授
受賞者 成田悠樹さん(理工学研究科 情報工学専攻 2019年3月修了 小中英嗣研究室)
受賞名 ICCE 2021 Excellent Paper Awards, West Japan Chapter, Japan
受賞日 2021年4月10日
受賞テーマ Design of Multiple Artificial Potential Function and Selector Function for Autonomous Driving Vehicle
(自律走行車両に対する複数の人工ポテンシャル関数とその選択関数の設計)

IEEE Consumer Technology Societyが主催する家電分野におけるフラッグシップカンファレンスである国際会議39th IEEE International Conference on Consumer Electronics(ICCE 2021)で研究成果を発表し、ICCE 2021 Excellent Paper Awards, West Japan Chapter, Japanを受賞しました。電動車いすなどの個人用車両を自動運転させる際、障害物から仮想的な反力を生成して軌道に反映させる人工ポテンシャル法を研究対象としました。そのさい、多数の候補となるポテンシャル関数と、それを適切に選択するための選択関数を設計する手法を提案し、数値例によりその有効性を確認しました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ