トップページ/受賞 理工学部の松田和浩准教授に東京工業大学の手島精一記念研究賞(発明賞)

  • 松田准教授(左)と笠井和彦東京工業大学特任教授 松田准教授(左)と笠井和彦東京工業大学特任教授

受賞者 松田 和浩准教授(理工学部建築学科)
受賞名 令和2年度手島精一記念研究賞(発明賞)
受賞日 2021419
受賞テーマ

ダンパー体およびダンパー体の製造方法

手島精一記念研究賞は、東京工業大学における研究を奨励するため、特に優れた研究等の業績を上げた者に対して授与されるものです。東京工業大学在籍時に取得した特許が評価され、東京工業大学の笠井和彦特任教授とともに受賞に至りました。 戸建て住宅の耐震性を効率的に高める手段の一つとして、制振構造が注目されています。当該特許は、鋼材による制振ダンパーの形状、およびその製造方法に関して取得したもので、それ以前に製造されていた鋼材ダンパーの性能を上げ、かつ製造コストを下げることに成功しています。この技術を用いた制振壁は現在も多くの戸建て木造住宅に用いられており、住宅の耐震性向上に役立っています。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ