在学生・教職員/ニュース 新型コロナウイルスのワクチン接種について

在学生 ならびに 御父母の皆様

 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が各地域で始まっており、本学に対しても文部科学省から学生、職員等を対象にした職域接種の要望調査がありました。
 これまで、大学においては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止について、学生数を制限した授業の実施や換気能力を増強する施設改修、授業の自動録画システムなど遠隔授業に対応したICT整備などを実施してきました。
 ワクチン接種については、学生の皆さんが安心して学びに向き合い、充実した学生生活を送れるよう、学生・附属高等学校の生徒を含む本学構成員に対する早期のワクチン接種に向けて、現在、国や自治体、医療機関との連携調整に最善を尽くしております。対応が決まり次第、皆様にご案内いたします。
 また、文部科学省を通じて、高齢者等を対象にした大規模接種会場として、本学施設の貸し出し照会も併せて寄せられています。大学の使命の1つである社会貢献として、可能な限り協力していく所存です。
 この危機的な状況に対して、今後も率先した取り組みを行ってまいります。

学校法人名城大学理事長 立花 貞司
名城大学学長 小原 章裕

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ