トップページ/クラブ 大学野球選手権 10日の準々決勝の相手は福井工業大学

安江監督「優勝を狙う第1戦と位置付ける」

1回戦、2回戦とも活躍した松本凌人投手(法学部2年)=東京ドームで 1回戦、2回戦とも活躍した松本凌人投手(法学部2年)=東京ドームで
2回戦の試合前、ノックバットを握る森越祐人コーチ=東京ドームで 2回戦の試合前、ノックバットを握る森越祐人コーチ=東京ドームで

 第70回全日本大学野球選手権記念大会でベスト8に進んだ硬式野球部は6月10日午後2時から、神宮球場で行われる準々決勝で福井工業大学(北陸大学野球連盟)と対戦します。安江均監督は「ここで勝てばキャリアハイ(本学としての最高の成績)となる。こんなチャンスはなかなかつかめないので、ぜひ達成したい。優勝を狙う第1戦と位置付けている。互いに勢いのあるチーム同士の激突となるが、気持ちで負けないようにしたい」と意気込みを語りました。

 安江監督は、プロ野球を経験した山内壮馬、森越祐人の両コーチを「全国に誇るコーチングスタッフ」と称しています。1回戦は投手が活躍し1-0で完封勝ち。2回戦は森越コーチが受け持つ打撃陣が連打で畳み掛け、山内コーチが指導する投手陣3人による継投も決まって4-2で逆転勝ちを収めました。
 次の試合に向けて森越コーチは「どんな形でも先頭打者が出塁し、これを送って還し、投手陣を楽にさせたい。せっかくここまで来たので一戦必勝で歴史をつくりたい」と語りました。
 山内コーチは「松本凌人投手(法学部2年)はこれで全国区になった」と2戦を振り返り、「春の名城はこれまでベスト8が最高なので、新しい歴史がつくれるよう一つでも多く勝ち上がりたい」とコメントしました。

 山内コーチといえば、本学OBで広島東洋カープの新人、栗林良吏投手にプロへの道を開いた指導者として知られます。栗林投手は開幕から21試合連続無失点の快投を続けています。山内コーチは「チームが勝ち進むことで、互いにいい刺激なる」と相乗効果にも期待しています。
 引き続き、熱烈な応援をよろしくお願いします。

全日本大学野球選手権記念大会

  • 2回戦で中継ぎとして好投した眞田拓投手(人間学部3年)=東京ドームで 2回戦で中継ぎとして好投した眞田拓投手(人間学部3年)=東京ドームで
  • 打撃好調の野口泰司捕手(経済学部3年)。2回戦八回の三塁打の場面=東京ドームで 打撃好調の野口泰司捕手(経済学部3年)。2回戦八回の三塁打の場面=東京ドームで
  • 2回戦を勝ち整列してあいさつする(先頭から)渋井康弘部長、安江均監督、山内壮馬コーチ、森越祐人コーチ=東京ドームで 2回戦を勝ち整列してあいさつする(先頭から)渋井康弘部長、安江均監督、山内壮馬コーチ、森越祐人コーチ=東京ドームで
  • 試合開始前に話をする森越コーチ(ベンチ前右から2人目)と山内コーチ(同3人目)=東京ドームで 試合開始前に話をする森越コーチ(ベンチ前右から2人目)と山内コーチ(同3人目)=東京ドームで
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ