トップページ/受賞 理工学部建築学科の学生チームが第一回中部商空間賞学生部門で最優秀賞を受賞

駒田さん 大枝さん 伊藤さん(左から) 駒田さん 大枝さん 伊藤さん(左から)
受賞者

伊藤真央さん(理工学部建築学科4年 生田京子研究室)

大枝拓真さん(理工学部建築学科4年 生田京子研究室)

駒田名菜さん(理工学部建築学科4年 佐藤布武研究室)

受賞名 第一回中部商空間学生部門 最優秀賞
受賞日 2021年3月22日
受賞テーマ 135°Park「~自転車で回遊する都市型公園~」

理工学部建築学科の伊藤真央さん、大枝拓真さん、駒田名菜さんがJCD(一般社団法人 日本商環境デザイン協会)中部支部主催の第一回「中部商空間賞 学生部門」で最優秀賞を受賞しました。本賞は5回目の開催を迎える「JCD中部支部デザインアワード」が名称を変更したもので、中部地区の大学での設計課題の中から商業施設に関わる内容について応募・審査され、見事最優秀賞に選ばれました。

応募した作品は、3年時にグループ3人で取り組んだ設計課題「複合施設」で、対象敷地は愛知県の中でも交通の拠点となり人の往来の激しい名古屋市中区、久屋大通りの中央東側に位置しています。

近年拡大するコロナウイルス感染症の動向も受け、内部空間のみで構成された窮屈なコミュニティ施設からの脱却を目指し、自転車が気軽に公園へ立ち寄るような感覚で利用できる立体的な複合施設のあり方を提案しています。

社会問題になっているコロナウイルス感染症と複合施設の関係を自転車という新しいモビリティーを入れることで解決するアイデアのみならず、それにより生じるスケール感のバグや新しい施設体験の魅力が高く評価されました。

JCDウェブサイト

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ