在学生・教職員/クラブ 【女子駅伝部】日本選手権 結果

  • 5000m スタート 5000m スタート
  • 3000m障害 谷本七星(中央) 3000m障害 谷本七星(中央)

第105回日本陸上競技選手権大会及び第37回U20日本陸上競技選手権大会が大阪府で行われ、4名の選手が出場しました。
女子1500mには、松智美ムセンビ(外国語・4)と、山本有真(人間・3)が出場しました。
この種目には日本記録保持者の田中希実(豊田織機TC)選手も出場し、ハイペースでレースが進みましたが、
2人とも粘りの走りを見せ入賞を果たしました。山本選手は6月1日にも自己ベストを更新しましたが今大会で更に1秒更新し、好調ぶりを発揮しました。
5000mには和田有菜(理工・4)が出場しました。この種目ではオリンピック代表が決定するという事もあり緊張感のある中でのレースとなりました。
前半のハイペースに食らいついていき、後半は苦しい走りとなりましたが、良い経験になりました。
U20の1500mと3000m障害には谷本七星(人間・1)が出場しました。
1500mでは中盤先頭に出てレースを引っ張るなど、積極的なレースを見せ、自己ベストでゴールしました。
翌日行われた3000m障害ではスタートから独走状態で優勝しました。
皆さん応援ありがとうございました。

【1500m】
 6位 山本有真      4分17秒17 自己ベスト
 8位 松智美ムセンビ  4分17秒74
【5000m】
 16位 和田有菜      15分50秒56
【U20・1500m】
 4位 谷本七星      4分20秒57 自己ベスト
【U20・3000m障害】
 優勝 谷本七星      10分13秒49 自己ベスト

  • 5000mレース 5000mレース
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ