トップページ/ニュース 天白キャンパスにて外国人留学生向け「名城大学見学会」を開催

座談会 座談会
キャンパスツアー キャンパスツアー

国際化推進センターは、外国人留学生入試シーズンが近づいた7月9日、受験生を中心とした外国人留学生を対象に新型コロナウイルス感染症拡大防止に十分な配慮を行い、本学の見学会を開催しました。

今回は、愛知県の上山学院日本語学校に在籍している外国人留学生(中国・ベトナム・ウズベキスタン・ロシア・ミャンマー・トルコ・フィリピン)計7カ国22名と日本語学校の教員計26人が参加し、国際化推進センターの職員と本学の外国人留学生から、本学の概要と施設、授業や課外活動等のキャンパスライフ、就職活動について説明を受けました。

はじめに、レセプションホールでおこなった座談会では、現役の先輩たちの留学体験談を聞きながら、学業や将来の展望などを話し合い、国籍や文化を越えた交流の場となりました。その後、数グループに分かれて、キャンパスツアーを行いました。このキャンパスツアーをアテンドするのは、本学に在籍している外国人留学生達です。本学で勉強している外国人留学生とコミュニケーションをとりながら、大学の特色紹介を受けるとともに、学習施設や留学生寮を見学しました。

参加者からは「キャンパスツアーでは、説明を聞きながら普段見られない場所まで見学できて良かった」「日本の大学を見学することはなかったので、このような機会は受験者として本当にありがたい」「名城大学に興味を持った、これから志望学部を考えていきたい」などの声が寄せられ、双方の親睦を深める機会になりました。今後も多くの留学生を受け入れる予定となっており、さらに学内におけるグローバルな交流が進展していくことを期待しています。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ