在学生・教職員/受賞 薬学研究科の髙羽里佳さんが第67回日本薬学会東海支部大会で学生優秀発表賞を受賞

受賞者 髙羽里佳さん(薬学研究科薬学専攻博士課程2年、薬品作用学研究室)
受賞名 第67回日本薬学会東海支部大会 学生優秀発表賞
受賞日 2021年7月3日
受賞テーマ

セロトニン5-HT2A受容体刺激薬の抗うつ作用およびその神経ネットワークの探索

第67回日本薬学会東海支部大会において、薬学部薬品作用学研究室(博士課程2年)の髙羽里佳さんが、学生優秀発表賞を受賞しました。
髙羽さんは、うつ病の治療に興味を持って研究室に入室し研究を進め、セロトニン5-HT2A受容体の刺激薬が、抗うつ作用を示すこと、さらにその抗うつ作用に関わる責任脳部位を明らかにしました。
今回の研究成果が、セロトニン5-HT2A受容体を標的とした新たな抗うつ薬開発に繋がると考え、日々の研究に打ち込んでいます。
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ