在学生・教職員/受賞 薬学部の藪万有香さんが第67回日本薬学会東海支部大会で学生優秀発表賞を受賞

受賞者 藪万有香さん(薬学部薬学科6年、生物物理化学研究室)
受賞名 第67回日本薬学会東海支部大会 学生優秀発表賞
受賞日 2021年7月3日
受賞テーマ

[GADV]-ペプチドへのβ-アミノ酸の追加が立体構造に与える影響

第67回日本薬学会東海支部大会において生物物理化学研究室(6年)の藪万有香さんが、学生優秀発表賞を受賞しました。
非タンパク質構成アミノ酸であるβ-アラニンは原始地球に存在していたと考えられており、原始タンパク質の構成単位であった可能性があります。この研究では、グリシン、アラニン、アスパラギン酸、バリンからなるペプチドにβ-アラニンを追加した場合の立体構造をMDシミュレーションにより推定しました。その結果、β-アラニンを追加したペプチドは立体構造を形成しづらくなることが示唆されました。この研究は、タンパク質の起源を解明する糸口となると考えられます。
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ