トップページ/ニュース 永年勤続者表彰 在職25年の功績をたたえる

立花貞司理事長「後進の育成に力を発揮してほしい」

記念写真に納まる永年勤続者たち(前列) 記念写真に納まる永年勤続者たち(前列)
被表彰者を代表してあいさつする福島茂都市情報学部教授 被表彰者を代表してあいさつする福島茂都市情報学部教授

2021年度永年勤続表彰式が10月1日、天白キャンパス本部棟で行われました。開学記念日の9月22日付で、勤続25年の教職員の功績をたたえており、2021年度は7人が表彰を受けました。

表彰式では、附属高校教諭2人を含む出席者5人に立花貞司理事長から表彰状と記念品が手渡されました。立花理事長は祝辞の中で「お願いが二つある。一つ目は、本学の中心として開学100周年の目標ならびにその先の新ビジョン達成に向け、けん引いただきたいということ。二つ目は、永続的に本学が発展し、強固な組織力を継承するために、後進の育成に今まで以上に力を発揮していただきたいということ」と述べ、期待感を示しました。

被表彰者を代表して前副学長の福島茂都市情報学部教授があいさつし、「100周年に向けて次の時代を担う学生の教育に一生懸命まい進したい」と決意を新たにしていました。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ