トップページ/ニュース 【M-CAP】JALホスピタリティプログラム今年度初の対面講義を開講

【M-CAP】JALホスピタリティプログラム今年度初の対面講義!

  • 壁を使って姿勢をチェック 壁を使って姿勢をチェック

9月から開講したJALホスピタリティプログラムは、オンラインと対面のハイブリットで行っています。

10月7日、今年度初めて、現役のJAL社員講師の方が東京からいらっしゃいました。学生からは、「ZOOM上でお会いする時よりもすごく素敵な方だと感じた」「立ち方やコミュニケーションの図り方、所作すべてに圧倒され憧れた」「オンラインとは違い実践が行える楽しさがあった」などの感想が聞かれました。

ホスピタリティを体現する立ち振る舞いでは、壁を使った姿勢チェックや、よりきれいな姿になるよう仲間とペアになりアドバイスをする、楽しい時間が流れました。

【M-Line】新規メンバー募集説明会

講義後には、JALホスピタリティプログラムを受講中の学生を対象にした、【M-Line】新規メンバー募集説明会を開催しました。
【M-Line】は、「学んだホスピタリティを活かして活動したい」「エアラインを本気で目指したい」エアライン研究グループ。
説明会には多くの学生が集まり、今年度前半の活動報告を受けたり、先輩から実際の様子を聞いたりしていました。
新メンバーは11月から本格的に仲間入りし、後期の活動を始める予定です。

【M-CAP】活動報告掲載ページはこちら

  • 先輩が丁寧に説明しています! 先輩が丁寧に説明しています!
  • 一緒に活動できたら嬉しいです! 一緒に活動できたら嬉しいです!
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ