在学生・教職員/受賞 理工学研究科の鈴木桜史郎さんがヒューマンインタフェースシンポジウム2021で優秀プレゼンテーション賞を受賞

受賞者 鈴木桜史郎さん(理工学研究科情報工学専攻修士課程2年、田中研究室)
受賞名 ヒューマンインタフェースシンポジウム2021 優秀プレゼンテーション賞
受賞日 2021年9月17日
受賞テーマ

直径1インチまで適用可能なスマートウォッチ用文字入力手法

ヒューマンインタフェースシンポジウム2021で優秀プレゼンテーション賞を受賞しました(受賞は対話発表89件中の5件)。この研究では、直径1インチの小さな画面のスマートウォッチでも、指先のジェスチャーで文字を入力できるアプリケーションを開発しています。平仮名1文字を行と段を順に指定して入力します。画面縁に配置したキーに対してスライドイン(画面外に触れた指をそのまま画面内に滑り入れる動作)することで行の候補を絞り、スライドアウト(画面に触れた指をそのまま画面外に滑り出す操作)で1つを選択します。続いて選んだ行に含まれる文字をフリック入力と同様の方法で選択します。
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ