トップページ/クラブ 女子駅伝部が31日の「全日本大学女子駅伝対校選手権大会」出場を報告

メッセージを込めたたすきを受け取った和田選手 メッセージを込めたたすきを受け取った和田選手

 10月31日に仙台市で開催される第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会で、スローガン「常に考動、今に懸ける!!」を掲げ5連覇を狙う女子駅伝部が10月26日、天白キャンパス本部棟で小原章裕学長、立花貞司理事長らに出場報告をしました。今年の大会も新型コロナウィルス感染予防のため、現地での応援が制限されており、関係者は名城大学天白キャンパスに設置されたパブリックビューイングで応援をします。

 報告には、加鳥裕明部長(理工学部交通機械工学科教授)、米田勝朗監督(法学部応用実務法学科教授)、主将の和田有菜選手(理工学部数学科4年)の3人が臨みました。

 加鳥部長は「温かい応援、いつもありがとうございます。大会当日、現地での応援はできませんが、最後までよろしくお願します」とあいさつを述べました。続いて米田監督は「選手たちは去年の自分を越えることを目標に、今日までコツコツと練習を続けてきました。31日はきっと良い走りを見せてくれます。最後まで気を抜かず挑みたい」と抱負を語りました。

  • たすきにメッセージを書き込む小原学長 たすきにメッセージを書き込む小原学長

 小原学長は「長い間、名城大学の一員として女子駅伝部のがんばりを応援してきました。負けが続いた時期のこともよく知っています。よくここまで努力してくれました。大会ではプライドをもって走ってほしい。今後もずっと応援しています」と激励しました。これに対して和田選手は「みなさんの応援にはとても感謝しています。大会当日は悔いのない走りをしたい、応援よろしくお願いします」と述べました。毎年恒例のたすきへの応援メッセージでは、小原学長は「学生女王として走り抜けろ!」、立花理事長は「基本に忠実に、悔いのない走りを!」とそれぞれ書き込み、優勝の願いを込めました。

 同駅伝は弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)を31日12時10分スタート、仙台市役所前市民広場をゴールとする6区38.1kmのコースで行われます。レースの様子は日本テレビ系全国ネット(東海地区は中京テレビ)で12時から生中継されます。応援よろしくお願いいたします。

駅伝出場選手

和田 有菜

理工学部・数学科・4年

松 智美ムセンビ

外国語学部・国際英語学科・4年

鴨志田 海来

理工学部・環境創造学科・4年

荒井 優奈

法学部・法学科・3年

小林 成美

外国語学部・国際英語学科・3年

山本 有真

人間学部・人間学科・3年

増渕 祐香

法学部・法学科・2年

五味 叶花

人間学部・人間学科・1年

谷本 七星

人間学部・人間学科・1年

前川 凪波

外国語学部・国際英語学科・1年

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ