在学生・教職員/受賞 理工学研究科の山本拓正さんが日本機械学会卒業研究コンテストで最優秀賞

受賞者 山本 拓正さん(理工学研究科材料機能工学専攻修士課程1年、宇佐美初彦教授研究室)
受賞名 日本機械学会2021年年次大会卒業研究コンテスト 最優秀賞
受賞日 2021年9月8日
受賞テーマ

金属微粉末分散油剤による転がり疲労寿命改善

本年度の日本機械学会年次大会(オンライン)で開催された第27回卒業研究コンテストにおいて、山本拓正さんが最優秀賞を受賞しました。この研究は潤滑油剤に微細な金属粉末を分散懸濁させることで、表面の腐食を抑制し、摩擦が低減可能であることを見いだした内容であり、多くの産業機械に使用させている転がり軸受の寿命を飛躍的に延ばせることを確認しています。山本さんは柔道部出身であり、そこで培った粘り強さが研究に生かされたことは言うまでもありません。今後のさらなる活躍が期待されます。
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ