在学生・教職員/ニュース 名古屋ダイヤモンドドルフィンズとのコラボ商品を販売

 本学と連携・協力協定を結んでいるプロバスケットボールチーム名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの連携事業「プロスポーツビジネス研究会」から生まれたコラボ商品「クッションブランケット」が12月4日と5日、ホームゲーム(ドルフィンズアリーナ:愛知県体育館)で販売されました。

日常×防災 もしもへ、命を守る第一歩のグッズ

 プロスポーツビジネス研究会は、ポストコロナ社会におけるこれからのプロスポーツビジネスのあり方を探求する研究会活動として始動。今回、グッズ開発チームの学生たちは「メディアに取り上げられるような社会課題にもつながるグッズを開発する」を目標に、クッションブランケットを企画・デザインしました。
 豪雨や土砂災害など、毎年のように自然災害が起きていますが、防災グッズを購入するのに躊躇する人もいることから、日常生活でも使えるグッズとして、クッションブランケットを提案。グッズ開発チームの多裕隆さん(法学部4年)と大戸井楓恋さん(法学部3年)は「ブランケットを入れてクッションとして使えるだけでなく、災害時の防寒対策やプライバシー保護として使うことも出来ます。防災グッズの第1歩なれば」と提案の意図を話しました。
 当日は本学の学生も売店ポップづくりや接客も行い、用意した個数は完売する盛況ぶりでした。今後も、プロスポーツビジネス研究会と名古屋ダイヤモンドドルフィンズの活動にご注目ください。

  • コラボ商品を手にする学生たち(左端が大戸井さん、右端が多さん) コラボ商品を手にする学生たち(左端が大戸井さん、右端が多さん)
  • 商品の使い方を解説するカード 商品の使い方を解説するカード

名古屋ダイヤモンドドルフィンズのグッズ紹介サイト
https://www.bleague-shop.jp/dd/news/616

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ