トップページ/ニュース 【M-CAP】JALホスピタリティプログラム最終回

【M-CAP】JALホスピタリティプログラム最終回

寸劇を見ながら講評 寸劇を見ながら講評

M-CAP】人気講座の1つ『JALホスピタリティプログラム』(全12回)が1223、最終回を迎えました。

ホスピタリティについて考え、感じて、自分自身が体現できるようになるという目標に向かって、学びの多い講座が繰り広げられました。

今回初の試みで学習の成果をホスピタリティを具現化して寸劇で発表することに!

各グループがこれまで学んだホスピタリティを生かして「アルバイト先などで年齢が自分よりも上の後輩との接し方やアドバイスの仕方で困っている人の相談に乗る」等のシナリオを考え、準備時間が限られる中、仲間と共に協力し、どのグループも工夫を凝らしたオリジナリティ溢れる寸劇で、時に笑いあり、演技に感心させられる場面もありました。

  • 修了証授与! 修了証授与!

最後に現役JAL社員の講師から、修了証とJAL飛行機のかわいいマスコットの記念品を全員が受け取り、和やかで温かい雰囲気の最終回となりました。

「【M-CAP】活動報告掲載ページはこちら」

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ