トップページ/受賞 理工学研究科の稲垣さんがナノ構造・エピタキシャル成長講演会で発表奨励賞

受賞者 稲垣 徹郎さん(理工学研究科材料機能工学専攻修士課程2年、上山智教授・竹内哲也教授・岩谷素顕教授研究室)
受賞名 ナノ構造・エピタキシャル成長講演会 発表奨励賞
受賞日 2021123
受賞テーマ

下部トンネル接合を有する青色端面発光レーザダイオード

発表奨励賞は、日本結晶成長学会ナノ構造・エピタキシャル成長分科会が若手会員に対して行う表彰の一つ。分科会の講演会で、結晶成長及び関連の研究の発展に貢献する優秀な論文を発表した若手会員に対して授与され、その功績を称えることを目的とします。本研究では、通常の半導体レーザでは結晶上面をp型半導体層になっているのが一般的であるのに対し、窒化物半導体のトンネル接合を作製することにより、上部にn型半導体層を形成することができるということをデバイスで実証しました。これらの成果が学術的に高い評価につながり今回の受賞になりました。今後の研究の進展が期待されます。
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ