在学生・教職員/ニュース 春日井キャンパス(農学部附属農場)本館リファイニング工事竣工式

南隣りの教育研究館と連携した教育・研究の場として整備

リファイニングされた春日井キャンパス本館 リファイニングされた春日井キャンパス本館
竣工式に参列した関係者 竣工式に参列した関係者

学校法人名城大学は、春日井市鷹来町にある春日井キャンパス(農学部附属農場)本館をリファイニング(改修)しました。竣工式は3月28日、本館で行われ、本学関係者、設計・施工関係者が無事完成を祝いました。

耐震補強を行ったほか、平面計画では農学部特有の泥汚れに配慮したゾーニングや、学生の休憩スペースの充実、エレベーターやスロープ設置によるバリアフリー対策などを行いました。

地下に設置した展示スペースは動線と採光に配慮し、大きな吹き抜けや階段とドライエリアを新設しました。

単一の建物再生だけではなく、附属農場全体として、南隣りの教育研究館と連携を図りながら、より内外に広く農学部の取り組みを展開できるように活用していきます。

工期は10カ月。1階から地下にかけて一部吹き抜けにしたことによる減築で延べ床面積は2625.34㎡となりました。

  • 竣工式で玉ぐしをささげる立花貞司理事長 竣工式で玉ぐしをささげる立花貞司理事長
  • 本館(左)と教育研究館 本館(左)と教育研究館
  • 地下には古い農具を展示 地下には古い農具を展示
  • 桜に彩られた本館 桜に彩られた本館
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ