トップページ/受賞 理工学研究科の渡邉聖人さんが2021 IEEE DEIS Japan Chapter Best Paper Presentation Award(国内会議の部)を受賞

受賞者

渡邉 聖人さん(理工学研究科 電気電子工学専攻 博士前期課程2年 村本村上研究室)

受賞名

2021 IEEE DEIS Japan Chapter Best Paper Presentation Award(国内会議の部)

受賞日

2022年3月22日

受賞テーマ

氷中の大腸菌殺菌に及ぼす印加電圧波形の影響

冷凍庫に食品を入れることで長期保存ができます。これは、多くの微生物の活動が低温下で停止してしまうからです。しかし、微生物は活動停止しているだけなので、解凍(昇温)とともに微生物は活動を再開し、食中毒や食品劣化の原因となります。本研究室では食のさらなる安心・安全のため、「電気」を使った冷凍保存中の食品殺菌方法について検討しています。今回は氷中の大腸菌殺菌に及ぼす印加電圧波形の影響についてIEEE DEIS Japan Chapterが主催する研究会にて発表したところ、その研究発表内容が優秀であったことから2021 IEEE DEIS Japan Chapter Best Paper Presentation Award(国内会議の部)を受賞することができました。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ