トップページ/受賞 薬学研究科の内田美月さんがACCP 2022 in NAGOYAでBest Poster Presenter

受賞者

内田美月さん(薬学研究科薬学専攻博士課程4年、病態解析学Ⅰ)

受賞名

ACCP 2022 in Nagoya Best Poster Presenter(ポスター発表 学生の部)

受賞日

2022年2月11~13日

受賞テーマ

Participatory Learning Effects in Drug Abuse Prevention Education of Pupils
(児童の薬物乱用防止教育における参加体験型学習の学習効果)

第21回アジア臨床薬学カンファレンス(The 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy:ACCP 2022 in Nagoya)が「The Next Stage of Clinical Pharmacy from Asia」をテーマに開催されました。この学会はアジアにおける薬剤師、薬学教員および薬学研究者たちが診療、教育、研究、および社会貢献について議論し、薬剤師としての専門的能力と医療の向上を目指すことを目的としています。
児童に対する薬物乱用防止教育における参加体験型学習の学習効果を調査した本研究は、学習効果の高い薬物乱用防止教育方法の提案および児童の薬物乱用防止の啓発の促進に繋がることが期待されます。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ