トップページ/受賞 薬学部の内野里香さんがACCP 2022 in NAGOYAでBest Poster Presenter

受賞者

内野里香さん(薬学部薬学科5年、病態解析学Ⅰ)

受賞名

ACCP 2022 in Nagoya Best Poster Presenter(ポスター発表 学生の部)

受賞日

2022年2月11~13日

受賞テーマ

Gene Polymorphisms in Association with Chemotherapy-Induced Gastrointestinal Symptoms(CIGSs)(がん化学療法に伴う消化器症状の発現に関連する遺伝子多型)

第21回アジア臨床薬学カンファレンス(The 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy:ACCP 2022 in Nagoya)が「The Next Stage of Clinical Pharmacy from Asia」をテーマに開催されました。この学会はアジアにおける薬剤師、薬学教員および薬学研究者たちが診療、教育、研究、および社会貢献について議論し、薬剤師としての専門的能力と医療の向上を目指すことを目的としています。
セロトニンやドパミン関連遺伝子の遺伝子多型とがん化学療法に伴う消化器症状の発現頻度・程度の関連を解析した本研究は、がん化学療法に伴う副作用のプレシジョン・メディシンの一助になることが期待されます。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ