トップページ/クラブ 学生陸上個人選手権で小林選手・山本選手が優勝し、国際大会の日本代表に内定!!

4/15(金)~17(日)神奈川県平塚市でおこなわれた「2022日本学生陸上競技個人選手権」に女子駅伝部9名の選手が出場し、10000mで小林成美選手(外国語学部4年)、5000mで山本有真選手(人間学部4年)がそれぞれ優勝し、6月下旬から中国・成都で開催されるワールドユニバーシティゲームズ(旧:ユニバーシアード競技大会)の日本代表の内定を勝ち取りました!
※正式には、JOCの理事会の承認を受けて代表決定となります。

「2022日本学生陸上競技個人選手権」の結果です。

【1500m】
4月15日(金)の1日で予選・決勝が行われました。この日は気温が低く、厳しいコンディションでしたが3人が予選を通過し、決勝へ進出。決勝レースではラストスパートで出遅れ、3位内に入れず悔しい結果となりました。
4位 山本有真(人間学部4年)  4分24秒79
5位 米澤奈々香(人間学部1年) 4分25秒70
6位 柳樂あずみ(人間学部1年) 4分25秒80

【10000m】
風が強く、スタート前からスローペースが予想されたレースでしたが、小林選手がスタートから積極的に引っ張り、ペースを作りました。ラスト1周でスパートした小林選手が逃げ切り、優勝!ワールドユニバーシティゲームズの代表内定を決めました。
優勝 小林成美(外国語学部4年) 33分21秒48
8位 増渕祐香(法学部3年)   33分33秒91

【5000m】
ワールドユニバーシティゲームズの代表を決める緊張感のあるレースでしたが、山本選手と米澤選手はラストまで力を温存し、勝つレースに徹していました。ラスト1周でペースがいっきに上がり、山本選手と日本体育大学の山崎りさ選手との一騎打ちの展開。山本選手の見事なラストスパートで優勝し、代表内定を決めました。今季5000m初戦となった米澤選手は惜しくも3位でした。
優勝 山本有真(人間学部4年)  15分49秒19
3位 米澤奈々香(人間学部1年) 15分51秒62

【3000m障害】
谷本選手がワールドユニバーシティゲームズの代表になるには、大東文化大学の吉村玲美選手に勝つことが必須で、吉村選手を徹底的にマークし挑みました。中盤辺りから、吉村選手についていけず苦しいレースでしたが、自己ベストの2位でゴールしました。
2位 谷本七星(人間学部2年) 10分07秒19 自己ベスト

応援ありがとうございました。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ