トップページ/クラブ 【アメリカンフットボール部】春季定期戦・交流戦 開催!

本学アメリカンフットボール部 “ゴールデンライオンズ” は5月1日(日)に立命館大学と第13回 交流戦、5月15日(日)に日本大学と第30回 定期戦を行います。
攻撃(オフェンス)の司令塔は、QB(クォーターバック※1)栗本 健太郎選手(経営学部3年)がパスとランを使い分けて、オフェンスを牽引します。ラン・プレーは、森田 壮祐選手(経営学部4年)がスピードとカットバックを使いボールを前に進め、パスは山下 要選手(経済学部3年)がキャッチして前に進めます。また、最前列のOL(オフェンス・ライン※2)渡部 孝太郎選手(経営学部3年)の強いブロックでチームを勝利に導きます。
守備(ディフェンス)の司令塔は、LB(ラインバッカー※3)伊左次 翔選手(経営学部4年)がスピードと強いタックルでディフェンスチームを牽引します。DL(ディフェンス・ライン※4)は、中島 愛基選手(法学部2年)、DB(ディフェンス・バッグ※5)吉川 椋介選手(経営学部3年)がディフェンスの要としてランやパスを阻止します。

[槇野 均 監督のコメント]

コロナ禍の中で2年間、春季の定期戦や交流戦を思うように組めず、選手達の経験値が上がらず苦慮しています。今年度は立命館大学と日本大学の試合ができるようになりました。
今年度の“ゴールデンライオンズ”は、2、3年生が多く出場し、若いチームになります。秋までに経験値を向上させて、東海学生リーグ優勝と全日本大学選手権に出場できるように頑張ります!

日時対戦相手会場観客有無
5月1日(日)13:30~ 立命館大学 立命館大学びわこ・くさつキャンパス グリーンフィールド 有観客
5月15日(日)14:00~ 日本大学 日本大学文理学部キャンパス アメリカンフットボール場 無観客

ゴールデンライオンズ公式サイト

※1 QB(クォーターバック): 攻撃の選手にプレーを指示する攻撃側のリーダー、攻撃の起点となる。

※2 OL(オフェンス・ライン):仲間のために体を張るポジション。すべてのオフェンスのプレーを支える。

※3 LB(ラインバッカー):ラン・プレーを止める役割とレシーバーをマークしてパスを阻止する役割を負い、時にはQBにプレッシャーをかける。

※4 DL(ディフェンス・ライン):ディフェンスの最前列に位置し、巨漢OLとぶつかり合いランをストップしたり、パスラッシュをしてQBにパスを投げさせないようにする。

※5 DB(ディフェンス・バッグ): 役割はパスを阻止すること。主にパスディフェンスを担い、ディフェンスの最終砦となる。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ