トップページ/受賞 薬学部の内野里香さんが日本薬学会第142年会で学生優秀発表賞

受賞者

内野里香さん(薬学部薬学科6年、病態解析学Ⅰ)

受賞名

日本薬学会第142年会学生優秀発表賞(ポスター発表の部)

受賞日

2022年4月21日

受賞テーマ

がん化学療法に伴う消化器症状の発現と遺伝子多型の関連性

日本薬学会第142年会が「創薬イノベーションが切り拓く新時代の医療」をテーマに開催されました。本学会は最新の研究成果や革新的技術などについての情報を共有することで次代の医療との関わりについて議論することを目的としています。
がん化学療法に伴う消化器症状の発現と、発現機序に関与しているセロトニンやドパミン関連遺伝子の遺伝子多型との関連性について調査した本研究は、がん化学療法に伴う消化器症状に対するプレシジョン・メディシンの実現の一助になることが期待されます。なお、本賞は薬学部薬学科5年時に受賞しました。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ