トップページ/受賞 理工学研究科の島ノ上諒さんが ロボティクス・メカトロニクス 講演会 ROBOMECH 2021 ベストデモンストレーション賞 を受賞

受賞者

島ノ上 諒 さん(理工学研究科 機械工学専攻 修士2年生 池本研究室)

受賞名

ロボティクス・メカトロニクス 講演会 ROBOMECH 2021 ベストデモンストレーション賞

受賞日

2022年6月2日

受賞テーマ

環境に遍在するモノを活用したカモフラージュ水中ロボットの開発

本賞は、2021年6月6~8日に開催された日本機械学会主催ロボティクス・メカトロニクス講演会ROBOMECH 2021でのポスター発表にて、ロボット実演が評価された発表を対象に選出される賞です。1,132件の発表件数のうち、4名の受賞者のうちの一人として選ばれました。
本研究では、エイのような柔らかい水中ロボットを開発しました。開発したロボットは自力での遊泳や砂に潜ることができます。海中の生態系にやさしい動作が可能で、レアアースの探索デバイスや低エネルギーで移動可能な水中ドローンへの適用が期待されます。本講演会はオンライン開催でしたが、リモート・リアルタイムでのロボットデモンストレーションの再現性が高く評価されました。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ