トップページ/受賞 理工学部数学科の柴田将敬准教授が 日本数学会函数方程式論分科会 福原賞 を受賞

受賞者

柴田 将敬 准教授 (理工学部 数学科)

受賞名

日本数学会函数方程式論分科会 福原賞

受賞日

2021年12月18日

受賞テーマ

非線形楕円型方程式や幾何学的不等式にまつわる変分解析

この賞は、函数方程式論分科会において主な研究活動を行っている研究者のうち、函数方程式論分科会での特別講演あるいは研究集会「微分方程式の総合的研究」で招待講演を行った方々の中で、優れた業績を上げた方を中心に顕彰を行うものです。

多くの場合、楕円型偏微分方程式の解を調べることは、変分法を用いることで、関数空間上の汎関数の臨界点を調べることに帰着されます。柴田准教授は、この観点から様々な非線型楕円型方程式に関して研究をしてきました。近年は、マーラー予想と呼ばれる凸幾何学における未解決問題にも取り組んでいます。これらの研究成果が評価され、福原賞を受賞されました。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ