トップページ/受賞 薬学研究科の髙羽里佳さんが NEURO2022 若手道場 優秀発表賞 を受賞

受賞者

髙羽里佳さん(薬学研究科 薬学専攻 博士課程3年、薬品作用学研究室)

受賞名

NEURO2022(第45回日本神経科学大会・第65回日本神経化学会大会・第32回日本神経回路学会大会 合同大会)若手道場 優秀発表賞

受賞日

2022年7月1日

受賞テーマ

セロトニン5-HT2A受容体刺激薬の抗うつ作用に関わる神経基盤研究

NEURO2022(第45回日本神経科学大会・第65回日本神経化学会大会・第32回日本神経回路学会大会 合同大会)の若手道場において、薬学部薬品作用学研究室(博士課程3年生)の髙羽さんが優秀発表賞を受賞しました。若手道場とは、エントリーした若手研究者の研究内容・技術・プレゼンテーションに対し、専門領域の研究者が様々な視点でアドバイスや質疑応答を行う、研究者の育成を目的とした研究発表会です。
髙羽さんが現在携わっている研究は、幻覚薬(精神展開薬・サイケデリックス)がうつ病の治療薬になりうるという斬新な研究であり、本研究発表ではそれらに関与する脳内神経ネットワークの一端を明らかにしました。
今回は、受賞対象となる88演題の口頭発表の中、24人が優秀発表賞を受賞しました。受賞者の多くが国公立大を中心とする国内のトップ研究室に在籍する大学院生が多い中での受賞となりました。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ